9月の第3月曜日が「敬老の日」となっています。敬老の日とは、お年寄りを敬い祝福する日ですが、いったい何歳からお年寄りに該当するのでしょうか?

敬老はいったい何歳からなのかについて調べていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク


敬老の日は何歳から該当するのか?

敬老の日はお年寄りに敬意を表しお祝いする日ですが、敬老とは何歳からなのでしょうか?

 

調べてみましたが、年齢に明確な基準はありませんでしたが、一般的なお年寄りの定義は65歳以上の人の事を指すようです。

年金の受給開始年齢やいろいろなシニア割引などが適用されるのが65歳以上のものが多いからのようです。

中には、60歳以上から適用されるものや70歳以上から適用されるシニア割引などもあります。

 

ただ、敬老の日はおじいちゃん・おばあちゃんを敬う日なので、65歳以上でも以下でもおじいちゃん・おばあちゃんであれば祝福されるものだと思います。

ですから、敬老の日は何歳から該当するかについての明確な年齢基準が定められていないのだと思います。

 

 

スポンサーリンク


敬老の日は何歳からよりも祝福する気持ちが大事!!

敬老の日の年齢について調べたところ明確な年齢基準はありませんでした。

一般的な基準としての65歳はありましたが、年齢だけでの線引きで必ずしもお年寄りに当てはまるかどうかはわからないのではないでしょうか?

 

高齢化社会となって60代でも見た目が若々しい人や、現役バリバリで働く人も少なくありません。

街を歩いていても、60代でも若々しく年齢不詳なのではないかと思う人やスマホやタブレットを自由自在に使いこなすお年寄りなど、今の高齢者は本当に元気ですよね!!

なので、一概に年齢で区切ることは難しいかもしれません。

 

例えば、65歳の人でも敬老の日に祝福されることに抵抗のある人もいるかもしれませんし、55歳でも孫が何人もいる人からすれば祝福されることがあっても不思議ではありません。



スポンサーリンク


敬老の日!年齢は一つの基準に過ぎない

年齢は一つの基準ですが、それだけではなくその人のおかれている家族構成や環境によって、敬老の日に祝われるかどうか変わってくるものだと思います。

そんなことを考えると、家族や周りの人がお年寄りを敬い祝福するという気持ちの方が大事なのではないかと思います。

お年寄りを思う気持ちをモノやカタチで表す気持ちがあれば、その人に伝わるのではないでしょうか?